労災で後遺症が残ってしまった方へ

労災でケガや病気で後遺症が残ってしまった場合は、治療中に引き続き、労災保険による補償を受けることができます。後遺症に対する補償として、どのような内容の給付が行われるのでしょうか?給付を受けるために必要な障害等級認定についてもお伝えします。

労災の後遺症とは?

後遺症とは病気やケガが治った後に残る、体のダメージや機能不全のことを言います。もとになっている病気やケガが労働災害によるものを指して、労災の後遺症と呼びます。

労災の後遺症に対する補償

労災で後遺症が残ってしまった場合には、程度に応じた障害年金や障害一時金の給付を受けることができます。重い後遺症が残った場合は年金、軽いもので済んだ場合は一時金が支払われます。

また一定の障害が残り介護が必要な場合は、介護給付が受けられます。障害等級1級であればすべて、障害等級2級であれば精神神経・胸腹部臓器の障害に対して、介護給付が支給されます。

後遺症で補償を受け取るための前提条件

労災の後遺症で補償を受け取るためには、症状固定の状態になっていることと障害等級の認定を受けることの2点の前提条件を満たす必要があります。

症状固定の状態になっていること

後遺症について労災として補償を受け取るためには、症状固定の状態になっていることが求められます。医学上で一般に認められている治療を行っても、これ以上の症状改善や機能回復が望めなくなった状態のことを指します。医学上で一般に認められている治療とは労災保険の療養給付の範囲内のもので、研究や実験の段階のものは含まれません。

障害等級の認定を受けること

後遺症に対する補償は、障害等級によって内容が決定します。生涯にわたって受け取れる障害年金になるか、1度きりしか受け取れない一時金になるか、いくらの給付が受けられるかも障害等級によって定められています。給付を受けるためにはまず障害等級の認定を受けることが必要です。

労災による後遺荘の補償の請求方法

障害等級の認定は、労働基準監督署に対して障害給付の請求をすることで行われます。請求書は裏面が後遺症による病気やケガの治療で療養給付を受けていれば病院、あるいは会社から知らせて貰えることが通常ですが、基本的に請求を行うのは自分であり、待っているだけではせっかく受けられる補償給付も受けることができなくなってしまいます。

また障害給付の時効は傷病が治癒した日の翌日から5年で、過ぎてしまうと権利がなくなる点にも注意が必要です。ご自身での対応が難しいと感じる場合は、ぜひ弁護士にご相談下さい。